日本と中国では住宅事情が大きく異なっていて、そのうちの1つに中国では「内装まで完了した状態で販売される住宅は少ない」という点が挙げられる。日本では新築物件でも内装はプロの手によって仕上げられているのが普通だが、中国の場合は購入者が自分で家の間取りや内装を決め、業者を手配する必要がある。

 それゆえ日頃から住宅のデザインや内装に強い関心を抱いている中国人は少なくないが、日本の住宅に見られる「独特のデザイン」に着目する中国人もいるようだ。中国のQ&Aサイトの知乎にこのほど、「日本の住宅設計は中国人の習慣からすると理解し難いものがいくつかあるが、本当に実用的なのか」と疑問を投げかけるスレッドが立ち、中国人ネットユーザーからさまざまな意見が寄せられた。

 中国では見られない日本独特の住宅設計の1つに、玄関が一段上がった構造の「上がり框(かまち)」を挙げることができる。中国では玄関で靴を脱ぐ習慣がないため玄関の扉を開けると直接客間となり、床にも段差は設けられていない。それゆえ多くの中国人は上がり框の利便性や目的が分からずにいたようだが、あるユーザーからは「日本式の玄関は室内より一段下がっているため、外の埃が入りづらく、室内を清潔に保ちやすい」とその実用性を説明するコメントが寄せられた。

 しかし、日本式の玄関は「靴を脱ぐ習慣の無い中国には不向き」という声や、「玄関らしい玄関がない中国に比べ、日本の玄関は費用がかさみ過ぎるのではないか」、また「段差は子供や高齢者に危険」という意見もあり、そのまま参考にできないが、中国の家でも「玄関部分の床の素材を室内と変えることで、玄関の雰囲気を変えることができる」という意見も見られた。

 他にも、日本の住宅は「トイレ、浴室、洗面所がそれぞれが独立した個室となっている」ことも中国の住宅との大きな違いだという意見も見られ、これについては「それぞれを独立させたら、家全体に占める面積の割合が大きくなりすぎるのではないか」という指摘も寄せられた。中国では浴槽がある家は少なく、トイレとシャワー室、洗面所が一室となっていることが多い。また中国人から見て、日本の住宅には「機能的な収納スペースが多い」という特徴があり、こうした点は中国の住宅でも参考にできるという意見も見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)