日本は1990年代にバブル経済が崩壊し「失われた20年」と言われるほど長い経済停滞を経験したが、それでも先進国でありつづけている。これは中国人からすると非常に不思議で、驚異的なことに思えるようだ。中国メディアの百家号は19日、「なぜ日本はバブル崩壊後も先進国でいられるのか」と題する記事を掲載し、5つの理由を紹介している。

 その1つは「一人当たりのGDPが先進国の水準であること」。中国は・・・・

続きを読む