中国メディア・騰訊網は21日、米国で激しい「日本叩き」を受けた日本の自動車が最終的に勝利を得るに至った背景について紹介する記事を掲載した。

 記事は、1970年代より米国市場に進出した日本メーカーの自動車は低廉な値段と高い品質で人気を集める一方、米国の自動車産業に少なからぬ影響を与えたことで80年代には「日本の自動車脅威論」が巻き起こる結果になったと紹介。米国内で日本車が破壊される現象が・・・・

続きを読む