中国のポータルサイト・百度に20日、「どうして失業率が『極めて低い』日本に、わが国は学ばないのか」とする記事が掲載された。

 記事は、労働人口の雇用状況は各国の発展状況を表す指標の一つであると紹介。多くの国が失業率を下げるために絶えず努力を続ける中、日本は「就職におけるプレッシャーが非常に大きい」印象とは裏腹に、非常に低い失業率を保ち続けているとし、2018年の日本の平均失業率がわずか2・・・・

続きを読む