日本はこれまで中国に対してODAという形で莫大な規模の支援を行ってきたが、対中ODAの存在やその支援の内容を詳しく知る中国人は極めて少ないのが現状だ。

 日本の対中ODAが始まったのは1979年のことであり、これは中国が「改革開放」政策に舵を切った時期と重なる。中国メディアの網易は18日、改革開放を通じて現代化に向けて舵を切った中国を助けてくれたのは「日本だった」と伝え、日本が提供してく・・・・

続きを読む