中国のポータルサイト・百度に17日、これまで伸び悩んできた中国の半導体業界のなかで急速に進化し始めた企業の背景に、百戦錬磨の日本人幹部の存在があるとする記事が掲載された。

 広東省深セン市で14日から16日に開かれた第8回中国電子情報博覧会(CITE2020)に、中国の半導体メーカー・紫光集団傘下の西安紫光国芯が独自開発した8GBのDDR4メモリを展示した。紫光集団は昨年6月にグループの・・・・

続きを読む