中国メディア・今日頭条は16日、「抗日戦争前の日本は、米ソと肩を並べるほどの強さだった」とする記事を掲載した。

 記事は、日本が枢軸国の一つとして第2次世界大戦の主な参戦国になったと紹介。その当時の日本が持っていた実力は米国やソ連と肩を並べるほどで、世界屈指の強国の一つであったとした。

 そして、領土では朝鮮半島や中国東北部などを支配下に置き、さらに勢力を中国の華北地・・・・

続きを読む