日本のサービス業は細部にわたる配慮が見られて親切だと海外から称賛されている。中国人旅行客のなかには、日本の質の高いサービスを楽しみに訪日していた人もいたほどだ。中国メディアの百家号はこのほど、日本の「引っ越し業者」を紹介する記事を掲載した。「荷物をただ運ぶだけではない」とその細やかなサービスに感心したうえで「その仕事ぶりを見たら、言葉を失ってしまった」と論じた。

 記事の中国人筆者は、インターネット上で日本の引っ越し業者について知ったそうで、いかに至れり尽くせりのサービスを提供しているかを紹介している。まずは「引っ越し前の準備からすごい」と紹介。引っ越しの前に業者が客の自宅を訪問し、運ぶ荷物と捨てるものを確認し、当日の流れを説明するといかに計画性があるかを伝えている。

 当日は、マンションの入り口やエレベーター、通路などに荷物で傷をつけないよう緩衝材を取り付け、靴は靴専用の段ボール、服はハンガーにかけたまま運べる専用の箱、食器は食器専用、といったように目的別の箱が用意され、次々と片づけられていくと紹介。運び出す前に家具などの荷物をきれいに拭いてくれて、家具も緩衝材でくるんでくれると痒いところに手が届く細やかさに感心している様子だ。

 新居では、荷物が運び込まれる前にスタッフが掃除しておいてくれると紹介。選択すれば、盗聴器がないか確認してくれるサービスなども用意していると伝えている。記事は、日本の引っ越し業者は「荷物を安全に運ぶだけではない」と指摘。荷物は客にとって「大切なものである」という基本を忘れずに、慎重かつ丁寧に扱っていると称賛した。

 中国にも引っ越し業者はあるが、荷物の扱いは「極めて雑」なのが現状だ。荷物が壊された、荷物がなくなったなどのトラブルは絶えないようだ。こうした状況と比べると、日本の引っ越し業者は非常にレベルの高いサービスを提供していると言えるだろう。これも客の立場に立って考えているからこそと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)