日本では交通事故の死亡者数が減少傾向にある。1970年には最も多い1万6765人だったが、2019年は3215人と、統計開始以来最少となった。中国メディアの百家号は12日、なぜ日本では交通事故が少ないのかについて分析する記事を掲載した。

 記事によると、中国では「交通事故が増えている」という。自動車の台数が増えているのだから当然だという意見もあるようだが、日本は自動車の保有台数が多いわり・・・・

続きを読む