中国は経済発展が著しく、10年前には名目GDPで日本を追い越したが、それでも日本経済は中国人が思う以上に強いという。中国メディアの騰訊はこのほど、「日本を見くびってはいけない」と警告する記事を掲載した。

 記事は、「中国は日本経済を見誤っている」と指摘。中国人は「バブル崩壊」、「失われた20年」など日本経済の衰退をイメージ付けるような表現をすることが多いが、実際にはこの数十年で日本は「黙々と産業転換」してきただけだと分析。「日本を見くびりすぎだ」と警告している。

 確かに、それまで大手だと思われてきた日本企業のなかには、中国企業に買収されたものもあったが、記事は「今になってみれば赤字の分野を切り離し、将来性のある分野に投資してきたことが分かる」と日本企業の先見の明を指摘。記事は、1990年代初めには工場のオートメーション化が導入されていて、当時の日本の製造業は中国よりも20年進んでいたと伝えている。

 では、なぜ日本経済は中国人に気付かれずに「黙々と発展」することができたのだろうか。記事は、「日本人は仕事に没頭する」と指摘。他人に自分の成果を見せびらかすことはないし、その必要もないため、素晴らしい成果が出ても注目されないとした。中国企業は国からの奨励金や補助金を狙っているので、小さな発明でも「大騒ぎ」すると日本企業との違いを指摘している。

 日本企業の場合、そのような報酬はないので「みんな黙ってすごいことをする」と記事は称賛。どんな素晴らしい発明をしても誰も騒がないし、騒いでも相手にされないので、見せびらかす雰囲気がないと日本企業の良さを伝えた。報酬目当てではなく、経営を広げることでもなく、質を向上させることに一番関心があるので、「黙々と発展」することができ、「だから長寿企業が多いのだ」と感心している。

 企業を大きくすることに関心のある中国企業の経営者は多いが、それに対して日本企業は職人肌と言えるかもしれない。中国人には大儲けする機会を逃していると見えるかもしれないが、質にこだわり先見の明もあり、黙々とここまで発展してくることができたのならば、確かに日本は「見くびってはならない」相手かもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)