日本と中国には「似ているようで、似ていない文化」が少なからず存在する。たとえば葬式の時に着用する服である「喪服」は日本と中国の「似ているようで、似ていない文化」に該当すると言えるだろう。

 日本では喪服といえば上下を「黒」で統一するのがマナーであり、黒以外は基本的にマナー違反とされるが、中国では喪服といえば「白色」であるのが常識であり、そのデザインは日本の結婚式で見られる「白無垢」に似て・・・・

続きを読む