中国メディア・澎湃新聞は7日、「伝来してわずか150年で、日本のカレーは1つのジャンルを切り開いた」とする記事を掲載した。

 記事は、カレーについて14世紀ごろにインドやパキスタンで食べられるようになり、その後、インドカレー、タイカレー、インドネシアカレー、日本カレーという4大カレー体系が出来上がり、各地の特色に加えて黄色やオレンジ、赤、緑、白などさまざまな色のカレーが存在するようになっ・・・・

続きを読む