多くの人が気軽に飲んでいるコーヒー。コーヒーを飲まなければ1日が始まらないという人も多いだろう。最近では大手チェーン店が多くなったが、かつての日本では喫茶店ブームがあり、無数の喫茶店が営業していた。中国メディアの百家号はこのほど、日本のコーヒー文化は喫茶店から始まったと紹介する記事を掲載した。

 記事によると、日本の喫茶文化は中国では見られないだけでなく、コーヒーチェーン店が林立する欧米とも異なっているという。日本のカフェは雰囲気があり、他では味わえないコーヒーを体験できると紹介している。

 では、日本のコーヒーはどこが違うのだろうか。記事は、欧米のチェーン店はコーヒーを大量に作り置きして客が来るとすぐに出せるようにしているが、日本の喫茶店では1杯1杯を大切にし、客の注文を受けるたびにドリップで淹れていると紹介。記事では紹介していないが、米国のあるコーヒーチェーン店は、訪日した際に入った個人経営の喫茶店で、1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーのおいしさに感動し、この日本の喫茶文化の影響を受けて開業したそうだ。

 記事の中国人筆者は、日本人は忙しい毎日を送っているのに、「コーヒーに関しては進んで時間を浪費するらしい」と伝えているが、コーヒーを淹れるのをゆっくり待つのも楽しみの1つなのではないだろうか。そういう意味では、日本の喫茶文化はおいしいコーヒーを飲むことだけが目的ではないだろう。

 記事はさらに、日本のカフェは店ごとに店主の個性がはっきりとしていて、その世界観が好きな客が集まると紹介。コーヒーに使われる陶器にもこだわりがあることが多く、「日本人の完璧主義と匠の技」が感じられると伝えた。

 日本の喫茶店ではドリップ式でコーヒーを淹れるところが多いが、欧米では少数派だ。淹れ方によって味が大きく変わるドリップ式は確かに「匠の技」であり、逆に米国のコーヒー文化にも影響を与えるほどで、日本の喫茶文化は独特な体験と言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)