中国は世界最大の自動車市場であり、各メーカーにとって無視のできない重要な市場となっているが、中国人は日系車の品質をどのように評価しているのだろうか。中国メディアの騰訊は3日、「日系車の品質がこれほど素晴らしいのはなぜか」と題する記事を掲載し、特に故障率の低さと乗り心地の良さにおいて日系車の品質は抜群であると絶賛した。

 記事はまず、日系車の故障率は「極めて低い」とし、世界に存在するあらゆるブランドのなかでもその信頼性は「トップクラス」だと指摘。ドイツブランドや米国ブランドなど、誰もが知る名立たるブランドでさえ、故障率や信頼性の点で日系車と比べれば「二流に過ぎない」と主張した。

 また、乗り心地の良さの点でドイツ車は確かに優れているが、自動車という乗り物は乗り心地の良さを追求するとどうしても燃費というファクターが犠牲になりがちだと説明。しかし、日系車は乗り心地の良さと燃費の良さを両立させる特有の技術を有しており、それゆに日系車は「ファミリーカーの王」と呼ぶにふさわしいと絶賛した。

 さらに日系車の品質の高さは、日本人の思想や教育、そして何事においても真剣に取り組み、細部までおろそかにしない態度と切っても切り離せない関係にあり、日本人はあらゆる製品に対して非常に厳格な品質検査も実施していると紹介。新しい技術についても、まず大量の実験を行ってからでなければ採用することはないほどに慎重だと論じた。

 記事は、日系車の品質の高さには技術力の高さに加えて真剣に物事に取り組む日本人の性格も関係しているという見方を示しているが、反日感情が存在する中国で日系車が売れているという事実は、それだけ品質が高く評価されている証拠なのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)