「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、日本では病気に備えて保険に加入したり、災害などに備えて防災訓練を定期的に行うなど、「万が一」に備えることは社会的な常識となっている。

 中国人から見ると、こうした常識は「日本人の危機意識の高さ」を示しているように映るようだ。中国メディアの百家号はこのほど、日本人が強烈な危機意識を持っているのはなぜなのかと疑問を投げかける記事を掲載した。 ・・・・

続きを読む