中国人と日本人の国民性は大きく異なっていると言われることがあるが、歴史や文化の違いから日本人と中国人の気質や習慣に相違があるのは確かだろう。中国メディアの百家号はこのほど、日本には「村八分」という慣習があると主張し、「直接罵倒されるよりも遥かに耐え難いものだ」と驚愕する記事を掲載した。

 記事は、日本人は海外から「非常に礼儀正しく、仕事に対して真面目で、時間を厳守し、団結している」という評価を受けると指摘する一方、「こうした日本人の国民性は時に大きな欠点ともなり得る」と主張した。

 日本人の多くが外部からの厳しい管理がなくても統一した行動を取れることは、新型コロナウイルスのパンデミックを背景とした緊急事態宣言下の日常でも証明されたと言えるが、記事は「日本で生活したことのある中国人は、日本社会に存在する暗黙のルールの恐ろしさを知っている」と強調。続けて、中国人が恐ろしく感じる暗黙のルールとは、「集団の和を乱さない精神」であり、こうした精神に背くと「集団から排斥される」とし、それは日本の江戸時代の頃には存在した「村八分」という慣習に由来しているらしいと論じた。

 こうして、日本社会には「多数派の意見が正しいとされ、既に存在する決まりを覆そうとはしない」という雰囲気が育まれたと分析。ゆえに、現在でも日本の職場には中国人には理解し難い暗黙のルールが多く存在し、「日本人は集団の考えを尊重し、個人の考えを主張することなく黙って従うのが普通」と伝えた。

 記事は、日本人が「村八分」を恐れて自分の意見を主張しないということも理解はできるが、中国人は「自分の意見をぶつけて喧嘩になったとしても、その方が相手の本心が見えて後腐れない」と感じるようで、中国人としては「日本の村八分は罵倒されるよりも耐え難いものだ」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)