中国は世界第2位の経済大国にもかかわらず、いまなお発展途上国を自称しており、10年近く前に国内総生産(GDP)で追い越された日本としては違和感を抱かざるを得ない人もいるだろう。中国メディアの百家号は7月29日、日本人は口には出さないが「中国はもう発展途上国ではないと思っている」と論じる記事を掲載した。

 記事はまず、「中国が世界からどう見られているか」について、極端な2つの見方に分かれて・・・・

続きを読む