7月1日から日本でもレジ袋の有料化がスタートし、エコバッグを利用する人も増えたのではないだろうか。これを機にエコバッグを持つようになった人とこれまでも使っていたという人を合わせると8割以上になるとの調査もある。しかし、それでもビニール袋を減少させるだけで根本的な解決にはなっていないのが現状だ。

 中国メディアの網易は7月30日、日本のメーカーが開発したある技術を紹介し、「世界の6億トンのゴミの救世主」になるかもしれないと期待する記事を掲載した。

 記事が紹介しているのは、海中で分解されやすいプラスチックが開発されたというニュースだ。これにより、海洋プラスチックごみ問題の解決が期待される。従来のプラスチックは自然に分解されることはなく、海に流れ込むと半永久的になくならないとされている。

 この「海中で分解されやすい素材」は、大手化学メーカーの三菱ケミカルと包装資材メーカーが共同で開発したもので、レジ袋などに使用されるという。サトウキビなど植物由来の原料を使い、海中の中でなら1年ほどですべて分解されるという。

 記事は、2040年までに海洋プラスチックが6億トンにまで増加するとの予測を紹介。「世界の6億トンのごみを救うかもしれない」との期待を示した。ただ、通常のレジ袋の6倍以上もコストがかかるとされるが、高価なら繰り返し使うなど大切にして使うため大きな問題ではないとの見方を示した。

 日本ではほかにも、大手のレジ袋メーカーが海で分解されるレジ袋を大学と共同開発して販売準備を進めているほか、別の大学のチームも植物繊維とでんぷんから作った海で分解される新しいプラスチックを開発したと報じられている。こうした新技術の開発は、国民のエコ意識の上に成り立っているものであり、今回のレジ袋の有料化も意義のあることと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)