中国メディア・東方網は7月30日、日本がサッカーやラグビーなどのスポーツでアジアトップクラスの実力を持つのは、アスリートが合理的な食習慣を身に付けているからだとする記事を掲載した。

 記事は、隣国の日本ではサッカーやラグビーなどの球技をはじめとして、多くの競技でアジアのトップレベルに立っているとし、その背景には科学的な食習慣によって選手たちが強い体を持っていることがあると説明した。 ・・・・

続きを読む