朝市での野菜の買い物から公共料金の支払いまで、ほぼすべての支払いがスマートフォン1つでできる中国では「ネットショッピング」が日本以上に広く普及していて、もはや人々の生活に不可欠なものになっている。新型コロナウイルス感染拡大で外出禁止になっている間は、人々の日常生活を支えたと言って良いだろう。中国メディアの百家号は25日、「日本にはなぜタオバオがないのか」と題する記事を掲載した。

 「タオバオ」とは中国を代表するオンラインモールだ。タオバオでは買えないものはないほど、非常に多くの種類の製品が販売されている。日本にももちろんオンラインモールはあるが、今も実店舗で買い物をする消費者も多い。ではなぜ、こんなに便利なサービスを日本人はあまり活用しないのだろうか。

 記事は、「日本の実店舗が質の高いサービスを提供し、消費者を満足させているため」と分析。日本のサービス業は「物だけでなく付加価値」も提供しており、客もストレス解消を兼ねて実店舗で買い物する習慣ができているので、多少高くても実店舗で買うのだとしている。

 これに対して、もともと実店舗でも高いサービスを提供してこなかった中国では、価格競争でオンラインショップに対抗できず次々と店をたたんでいると指摘した。客としては「店舗での買い物において付加価値を体験したことがない」ので、安いネット販売を選ぶのは自然な流れだと分析している。

 中国人にとっては、客なのに軽くあしらわれ嫌な思いをしながら実店舗で買い物せずに済むようになり、しかも安いとなれば家にいながら買い物できるオンラインショップを利用しないわけはないだろう。日本の実店舗のサービスの質の高さは世界中の人が認めるところであり、日本は中国と違ってこれからも実店舗が繁盛し続けることだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)