中国でも日本人の民度の高さは広く知られているが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「日本人の民度の高さは世界でも上位の水準だ」と指摘し、民度教育という点で「中国人の子どもはスタート地点ですでに日本人の子どもに負けていた」と論じる記事を掲載した。

 記事は、日本人の民度は中国のみならず世界で高く評価されているとし、それは、日本人が「子どもの時点で教え込むこと」が、中国人の教育とは大きく異なっているためと論じた。まず1つ目の違いは、日本人は子どもが幼少の時点で「基本的な礼儀を叩き込む」とし、人に会ったときは笑顔で挨拶をすることや、何かしてもらったときは感謝の言葉を述べることを「幼稚園でも家庭でも一貫して教えている」と指摘した。

 また2つ目の違いとして、子どもが「協力と感謝の心を育めるように、学校の活動や家庭生活で訓練する」とし、学校給食、掃除当番、動物や草花の世話、家庭での手伝いなどから、自分以外の誰かと協力して責任を果たす精神と協調性を身につけさせていると論じた。

 一方、中国の親が重視する子どもの教育といえば「何が何でも学業の成績」であり、他人との協調性や他人への感謝などを教えることはないと指摘、また子どもが成長しても家族が身の回りの世話を焼き続けるので、成長しても自立した生活を送れない「役立たず」を生み出しているのが現状だと嘆いた。

 日本と中国では教育制度や方針が大きく異なるが、記事は「子どもが成長後にどれほどの成功を収めても、総合的な民度が低ければ、その評価も下がってしまうだろう」と指摘し、もし「子どもに民度の高さを求めるのであれば、まず親が高い民度を身につける必要がある」と主張し、子を育てる親の側にも改善が求められていると主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)