中国メディア・東方網は26日、「日本の面積は雲南省ほどの大きさしかないのに、どうして世界で3番めの経済大国でいられるのか」とする記事を掲載した。

 記事は、島国である日本の国土面積がおよそ37万7000平方キロメートルで、中国の雲南省程度の大きさしかないとする一方で、その経済の発展ぶりは驚異的であり、今世紀に入って中国に抜かれるまでは世界で2番めの経済規模を誇っていたと紹介した。 <・・・・

続きを読む