新型コロナウイルスの感染拡大後、中国では会食の際に取り箸を使うことを推奨したり、役所など国の機関の入り口に消毒用のアルコールが配備されるなど、衛生意識の高まりが見られている。

 そんな中国から見ると、日本人の衛生概念や衛生習慣は驚きだらけのようだ。中国メディアの百家号は24日、「中国人から見ると、日本人はまるで潔癖症のようだ」と伝える記事を掲載した。

 記事は、新型コロナウイルスの感染が拡大する前から「日本は清潔で衛生環境の優れた国として中国人に知られていた」とし、日本を訪れた中国人観光客は皆「日本は清潔で空気が綺麗だ」と称賛してきたと主張。しかし、日本人の衛生に関わる習慣は、「中国人からすると行き過ぎていて、理解し難いものだ」と主張した。

 例えば、「日本人は日常的にマスクを着用する人が多い」ことや、「歩きながら飲食をする人が少ない」こと、また「歩きタバコをする人がほとんどいない」ことを指摘。他にも、「こまめに手洗いをする」ことや、「公共のトイレが清潔に保たれている」こと、また「公共の場所を綺麗に保つために、自分の出したゴミを持ち帰ったり、使用後に片付けて立ち去る」といった行動が「完璧に身についている人」が多いと伝えた。

 中国では公共の場所を清掃員が定期的に清掃しているため、ゴミをそのまま放置しても構わないと考える中国人は多い。また、露店で販売されている食べ物を購入し、食べながら歩いて汚すことを気にする人もいない。他にも、日本ほど分煙の習慣が浸透していないので、場所を気にせずに煙草を吸う人の姿が見られる。

 記事は日中に習慣の違いがあることを認めつつも、世界的に新型ウイルス感染の拡大が続く今、「中国人も衛生習慣を見直し、日本人から学ぶべき習慣が多いのではないか」と訴えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)