中国メディア・経済日報は24日、中国の二酸化炭素排出量がこの10年で35%減少したとする論文を日本の研究機関が発表したと報じた。

 記事は、日本の海洋研究開発機構の研究グループがこのほど欧州の学術誌に論文を発表し、2009年から10年間で中国の二酸化炭素排出量が35%減少し、中国の大気汚染対策が大きな成果を得たとの認識を示したと伝えた。

 そして、この研究グループが偏・・・・

続きを読む