日常の習慣とは知らないうちに自然と身に付くものであり、異郷の地に移住しても時間が経てばいつの間にか行動や言葉が現地に馴染み、逆に元いた場所の習慣に戸惑いを覚えることさえある。

 中国のポータルサイト・百度に24日、「日本で生活していて、日本人に同化するというのはどういう感じか」とする記事が掲載された。

 まず、最初に挙げた「日本人への同化現象」は、タクシーに乗る際に自分でドアを開けなくなることだとした。日本のタクシーは自動ドアが当たり前であり、初めて日本にやって来た時にはついついドアを手で開けようとして運転手から怪訝そうな目で見られることがあったと紹介。それが日本での生活が長くなると、逆に中国に戻った時にタクシーのドアを自分で開けることを忘れてしまい、ドライバーから催促されるようになったとしている。

 次に紹介したのは「知らず知らずのうちに謝ってしまう」ことだ。日本人は日常的に「すみません」、「ごめんなさい」という謝罪の意味を含む言葉を口にし、相手への配慮を示すため、外国人でも日本での暮らしが長くなると自然と習慣化してくるのだと伝えた。

 さらに、ゴミ袋を常に持ち歩くようになることも、「日本人への同化」現象の1つであると指摘。日本の街にはゴミ箱が少なく、市民は意識的に自分で出したゴミを持ち帰る習慣があり、常にゴミが入れられるビニール袋を携帯しているとした。そして、そのような光景を毎日のように見ていると、自ずと自分もゴミ袋を持ち歩くのが当たり前になってしまうのだと紹介している。

 記事は最後に、日本に住んでいると特に日本人の行動に同化しやすい理由として、日本社会が「他人に迷惑をかけない」という大きな環境のもとで成り立っているからだと説明。「考え方から行動様式に至るまで、社会が個人に与える影響は大きく、避けられないものなのだ」と伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)