日本の新幹線は1964年の東京五輪を前に開業しており、すでに56年もの年月が経過した世界で最も歴史ある高速鉄道だ。その間に新幹線の車両は進化を続けており、開業当時の車両のノーズ(先頭車両の先端)は、丸みを帯びた「団子鼻」の愛称で親しまれていたが、徐々にシャープになり、E956形「ALFA―X」の10号車に至っては20メートル超えになっている。中国メディアの騰訊網はこのほど、なぜ日本の新幹線は中国の高速鉄道と・・・・

続きを読む