日本は今でも製造大国で、GDPに占める製造業の割合は2割程度となっている。生産する製品はハイエンド製品が多いが、戦後間もないころは安価で低品質のローエンド製品だったと言われる。中国メディアの百家号は21日、日本製品だってかつては「劣悪品」の代名詞だったと指摘する一方、そこからどうやって脱却したのかと題する記事を掲載した。

 記事はまず、かつての日本製品は質が悪かったと紹介。「安かろう悪か・・・・

続きを読む