現在中国では非識字率を下げ、効率を高めるために漢字を簡略化した「簡体字」が使用されている。これに対し、日本や台湾ではそれぞれ異なる漢字が採用されている。そもそも簡体字が生まれたのは1956年で、《漢字簡化計画》に端を発している。以来、中国ではこの簡体字が採用され今に至っているが、その後この簡体字をさらに簡単にしようとしたことがあった。しかし、結局この案は専門家の反対に遭い廃止され、元の簡体字のままになってい・・・・

続きを読む