日本の街の清潔さは中国でも広く知られていて、称賛の声も多く聞かれるが、中国メディアの騰訊は15日、「日本人がどれだけきれい好きかを知りたければ、ゴミ処理場を見よ」と主張する記事を掲載した。

 記事は、初めて日本を訪れた際に「街中にゴミが1つも落ちていないことや、行き交う車がまったく埃や泥で汚れておらず、まるで新車のようにきれい」であることに驚く中国人は多いと強調し、日本の衛生的な環境は中国人旅行客に深い印象を残してきたと指摘した。

 続けて、日本がこれだけ清潔なのは、日本人の環境保護意識が高く、子どもたちは幼少の頃から学校で環境美化活動を教えこまれると指摘し、「自分の生活環境を衛生的に保つ意識が身についている」と強調。だからこそ厳格なゴミの分別処理を苦も無く行うことも可能なのだろうと論じた。

 さらに記事は、日本では外国人旅行客が多く訪れるような場所だけがきれいなのではなく、「汚れていてもおかしくない場所」までもが清潔だと紹介し、その例の1つとして「ゴミ処理場」を挙げた。日本のゴミ処理場のなかには予約制で見学できる施設があって、なかなかの人気を集めていると紹介したうえで特に大阪の舞洲ゴミ処理場は、「ゴミの汚いイメージからは全くかけ離れた、おとぎ話のお城のような外観で地元の観光スポットになっている」と驚きを示した。

 トイレやゴミ処理場など、汚れていてもおかしくない場所ほど、日本では逆に清潔であることが多い。汚れやすいからこそ清掃をこまめに、しっかりと行っているということだろう。記事は、「汚れていてもおかしくない場所が清潔であることは、日本人がそれだけきれい好きであることを示す」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)