科学技術で存在感を見せるようになった中国だが、日本には到底敵わない分野があるという。中国メディアの騰訊はこのほど、「日本企業が作るエンジンは我々には到底コピーできない」と題する記事を掲載した。

 エンジンは、自動車のほか、船舶、航空分野などでカギを握る技術と言っていいだろう。記事は、多くの国は模倣が得意な中国に技術を盗まれることを恐れているが、「日本は怖くないようだ」と紹介している。模倣されても中国製では日本と同じ品質には達しないと分かっているからで、中国にエンジンを売るほど大胆だと感服している。

 中国は、これまで日本を始め他国からエンジンを輸入し、解体して模倣しようと努めてきた。中国はパクリが得意なはずなのに、なぜエンジンそのものを手にしても模倣できないのだろうか。記事は、エンジンの分解・解析は難しいと指摘している。

 確かに、模倣は自主開発よりもずっと時間も開発コストも節約できる。しかし日本のエンジンを分解しても重要な「技術」を掌握することはできないと記事は紹介。そのうえ、「材料」を模倣することも難しいとしている。エンジンには特別な材料が必要で、日本のエンジンに使われている質の高い部品は中国では手に入らず、関連産業も乏しいため手に入れたエンジンと全く同じものは作れないからだという。

 やはり、近道をしようとして安直に模倣したことに問題があるようだ。それで記事は、科学技術の発展には時間もお金も人材も必要だと指摘。強国になりたいなら、模倣に頼らず自ら技術を開発する努力が必要だと訴えている。日本でも、中国に日本製エンジンを輸出する際には否定的な意見も聞かれたが、模倣には限界があったようだ。中国が日本と肩を並べられるほどのエンジンが作れるようになるまでには、まだまだ時間がかかるに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)