歴史問題や領土をめぐる対立を理由に、日本に対して否定的な感情を持つ中国人は多いが、その一方では日本人の「美点」を素直に認め、日本人の学ぶべきだと主張する人も存在する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国国内の外資系企業で働いた経験を持つ中国人筆者が抱く「日本人の印象」について紹介する記事を掲載し、「日本人には中国人が学ぶべき優れた長所が数多くあった」と伝えた。

 記事の中国人筆者は外資系企業で働いていた当時、日本人とも仕事上の付き合いが多々あったそうで、日本人には「学ぶべき美点が多い」と感じていたという。たとえば「日本人は信用を大切にし、約束を必ず守る」と伝え、日本企業から設備を購入する取引をした後、日本で自然災害が発生して納品が遅れるトラブルが起きたことがあったそうだ。自然災害は不可抗力であることから納期が遅れても契約違反にならないはずだったが、日本企業は弁償してくれたと伝え、その出来事に中国人たちは「日本人がここまで信用を大切にするとは」と驚いてしまったと紹介した。

 また、日本人の「仕事を大切にする姿勢」も感心していたと伝え、日本人が中国筆者が働いていた企業を訪問すると、すぐに作業着に着替えてすぐに現場に向かっていたと紹介。たとえ「もうすぐ昼食の時間」であったとしても、現場視察を後回しにすることは一度もなかったと紹介した。また、日本人はどれだけ高い役職であっても現場をしっかりと訪れていて、「偉そうに指示だけするような人はいなかった」と伝えた。

 さらに日本人の礼儀正しさや団体意識の高さも強い印象に残っていると伝えつつ、記事の中国人筆者は「仕事上の付き合い」でしか日本人と接することはなかったが、それでも多くの美点を垣間見ることができたと紹介。日本人は中国人が持っていない美点を数多く持っていたと伝え、「中国人は日本人を正面から評価することで、自らの足りない点を知ることができる」と強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)