中国にもコンビニは存在するが、中国人にとってコンビニは生活に必要不可欠な存在ではないという。中国メディアの百家号はこのほど、中国人は日本を訪れて初めて「コンビニが生活に必要不可欠な存在であることを理解できる」と論じる記事を掲載した。

 記事は近年日本を訪れていた中国人観光客は、「日常を抜け出し、リラックスした状態で日本でしか味わえない体験を求める」傾向が見られたと指摘。ゆえに、異国情緒の感じられる日本の街の様子に関心を向けており、「コンビニも立ち寄る価値のあるスポットと化していた」と紹介した。

 続けて、中国人は大型スーパーマーケットなどで「買い物カートを押しながら沢山の商品を見て回り、そのなかから自分の気に入ったものを厳選して買うことを好む」と紹介する一方、日本のコンビニは方向性が全く異なり、小さな店舗のなかに「最初から厳選された商品とサービスが詰まっている」と指摘。中国人からすると、コンビニ店内の物理的な狭さは買い物の楽しみを奪うように感じるというが、日本のコンビニは違っていて「一度足を踏み入れれば、目の前に心地よい空間が広がっていることに驚くだろう」と論じた。

 なぜなら、日本のコンビニの店内は商品がきちんと整理されて陳列され、欲しいものが簡単に探しだせるだけでなく、ATMやトイレ、イートインも完備され、シンプルながら顧客を満足させるサービスを提供しているためだと驚きを示した。さらに日本のコンビニは弁当やパンなどの食べ物も販売しているが、中国のコンビニとは異なり「店内は非常に衛生的で、品質管理が徹底されているので、安心安全なものしか売られていない」と紹介し、「日本のコンビニを体験すれば、なぜ日本人にとってコンビニが不可欠な存在なのかが理解できるだろう」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)