第69回ベルリン国際映画祭で受賞された中国映画「在りし日の歌」、中国語原題「地久天長」。メガホンをとったのは、王小帥(ワン・シャオシュアイ)監督。日本での上映作品数はそれほど多くはありませんが、中国では“中国第6世代”のひとりとして、ジャ・ジャンクーに匹敵するほどの知名度を誇ります。

 この作品は、1980年代から2000年代の激動の中国を背景に、中国の地方都市で幸せに暮らしていた国有企・・・・

続きを読む