中国のポータルサイト・百度に9日、近代中国を代表する文豪・魯迅も賞賛し翻訳した、近代の日本を代表する小説作品として芥川龍之介の「羅生門」を紹介する記事が掲載された。

 記事はまず、「羅生門」の作者である芥川龍之介について「20世紀初めの日本文学史における大家の一人」とし、特に短編小説で傑作を残したと紹介。一方で、その私生活は必ずしも幸福なものではなく、三島由紀夫、川端康成、太宰治といった・・・・

続きを読む