エアコンには「室外機」がつきものだが、中国ではエアコンの室外機を外壁に取り付けることも多く、落下の危険性を考慮していないようにも思える。中国メディアの百家号はこのほど、日本ではエアコンの室外機を外壁に取り付けるのではなく、ベランダなどに設置すると紹介する記事を掲載、「安全で実用的な設置方法であるため、参考とすべき」と伝えた。

 記事は、日本ではエアコンを設置して、室外機を備え付ける場合は「マンションであればベランダに設置し、外壁に直接取り付けることは一般的には行わない」と紹介し、なぜ日本では室外機を外壁に設置しないのかと問いを提起した。

 この問いに対し、中国のように室外機を外壁に取り付けると直射日光や雨風にさらされるため室外機に錆びが生じ寿命が短くなってしまうと説明。また室外機を外壁に留めておく部品が破損して室外機そのものが落下するという危険さえあると指摘し、日本人が室外機をできる限り外壁に設置しないのは、まさにこうした問題が生じるのを避けるためであり、この点で日本人は「非常に賢い」と言わざるを得ないと主張した。

 また、外壁に取り付けた室外機が故障すると修理に多大な費用が必要となるが、ベランダに設置すれば故障しにくいだけでなく定期メンテナンスも容易に可能だと説明。また外壁に取り付けると、建物全体の美観も損なわれるが屋内であればこうした問題も生じないとした。

 記事は「エアコンは夏の暑さから解放してくれる素晴らしいツール」だとし、日本のように室外機をベランダ等に設置することで故障や落下という問題を防ぐことができ、こうしてこそ真に質の高い生活を手に入れることができると説明。中国人の読者に対して、室外機を外壁に取り付けるのは「もう古い」と訴えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)