日本と中国の「住宅事情」には様々な違いがある。たとえば、日本の住宅は一般的に内装工事が完了した状態で家主に引き渡されるが、中国の住宅はスケルトン渡しが一般的であるゆえに、中国では家主自らが部屋の間取りを考え、業者を手配して内装工事を行う必要がある。

 また、日中の住宅事情には「家の広さ」という違いもあるというが、中国メディアの百家号は5日、「日本の住宅は物理的に狭いのに、まったく狭さを感・・・・

続きを読む