日本の清潔さに感動を覚える中国人旅行客は非常に多い。しかし、中国メディアの百家号はこのほど、中国人は誰もが「世界で最も清潔な国は日本だと称賛する」としながらも、実際に日本を訪れると「手放しでは称賛できない理由」があることにも気づくと論じる記事を掲載した。

 記事は、日本がとても清潔である理由の1つは「ごみの分別が徹底されている」ことが挙げられると指摘し、日本人は各家庭でもごみ分別をしっかり行っているほか、日本ではごみを不法投棄することは法律違反でもあるため、ごみを路上に捨てる人は基本的には存在しないと論じた。

 続けて、日本社会の「ごみ」に関する厳格なルールこそ、世界トップレベルの清潔さを生み出している重要な要因だと指摘する一方、厳格なごみ分別には「弊害もある」と指摘。たとえば多くの外国人旅行客は日本の路上にごみ箱が設置されていないためごみを捨てたくても捨てることができず、ごみをホテルに持ち帰ることしかできないことを「非常に面倒くさい」と感じていたと説明した。

 また、日本人はごみ分別のために非常に多くの時間を割く必要があるが、これは「時間という資源の浪費である」と指摘。日本人がごみ分別のために使っている時間は、本来はもっと価値あることを創造するために使うことができるためだと主張した。

 記事は日本の清潔さを認めつつも、こうした清潔さを実現するための日本の方法に異議を唱えた。ごみ分別は環境保護にとって有益なことであり、時間の浪費とは言えないだろう。捨てたいモノをいつでもどこでも捨てることができる中国人にとって、ごみ分別は個人の自由や時間が大いに犠牲あるいは制限されてしまう活動であり、清潔さを手に入れるための「大きな代償」と感じられるのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)