中国のポータルサイト百度に2日、「どうして日本ではラーメンにライスを付けるのか」とする記事が掲載された。

 記事は、多くの中国人にとって日本は文化的に近く、他の国よりも親近感を覚える一方で、日本を実際に訪れてみると、日本と中国とでは習慣的に大きく異なる部分もあることに気づくと紹介。その例が、日本では当たり前にように食べられている「ラーメンライス」だとしている。

 そして、中国人は「ダブル炭水化物」、あるいは「ダブル主食」として首をかしげるラーメンライスを日本人が好んで食べるの理由について、「日本人が米飯をこよなく愛しているからだ」と説明する一方で、日本を旅行で訪れたある中国の中年女性がラーメンライスを見て「日本人はなんと賢いのか」との感想を口にしたと伝えた。

 記事は、中国人女性がラーメンライスに「日本人の賢さ」を見出した理由として、中国では麺を食べ終わったスープを全部飲み干すようなことはあまりなく、最終的には捨ててしまうのに対し、日本人は麺の後にライスを丼に投入することでスープを最後までムダにすることなく味わう点を挙げ、ラーメンライスに日本人の「節約意識」の高さを感じたのだと説明した。

 日本のラーメンは往々にしてスープが命と言われる。しかし、麺を食べただけでは「命」のスープは大量に残り、それを全部飲み干すというのは味の濃さもあって些か抵抗が残る。そこで白いご飯を投入してスープを吸い込ませることで、鍋の「締めの雑炊」同様にスープも残さず味わうことができるのだ。言われてみれば、確かにライスの追加によってスープを捨てるという「ムダ」が抑えられているとも言える。

 しかし、ライスの追加によってもともと高めの摂取カロリーは上昇し、スープの脂肪分や塩分もまとめて摂取することになる点は注意が必要。中国のおばちゃん曰く日本人の「節約意識」を体現したラーメンライスも、「健康意識」を考えればほどほどにするのがよさそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)