新型コロナで日本企業の脱中国が進むとも言われているが、それだけ中国に進出していた日本企業が多かったということだろう。中国メディアの百家号は2日、ある有名な日本企業が中国で64年間も事業を展開してきたと紹介、なぜ中国企業は日本企業のように「相手国で大儲けできないのか」と題する記事を掲載した。

 記事が紹介しているのは、建設機械メーカーのコマツだ。記事は、コマツは1956年に中国市場に進出し・・・・

続きを読む