富士通が理化学研究所と開発したスーパーコンピューター「富岳」が、計算速度などを競うランキングで世界1位を獲得した。国産のスパコンが首位を奪還するのは、2011年の「京」以来で約9年ぶりの快挙となる。中国メディアの百家号は28日、「9年の時を経て日本はまたこの技術で世界をリードしている」と題する記事を掲載した。米国にさえ大きく差をつけたと紹介している。

 記事は、日本は「1秒間の計算速度」・・・・

続きを読む