中国メディア・今日頭条は29日、「日本に行ってこそ食べられ、しかもおいしい食材」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本の食文化を支える数多の食材のうち、特に「産地に行ってこそ本当のおいしさを知ることができ、なおかつ中国人の好みにも合う食材」を8つ紹介した。

 最初の4つは、飛騨牛、釧路の毛ガニ、静岡のウナギ、大間のマグロだ。飛騨牛については、中国人にもお馴染みの神・・・・

続きを読む