日本の酒と言えば「日本酒」だが、この日本酒の消費量が日本では年々落ち込んでいる。日本の消費量はピークの1973年を境に年々減少しており、今では清酒の消費量はピーク時に3分の1になっている。若者の日本酒離れが進んでいるとも言われている。中国メディアがこの原因を分析し、近年海外でも人気になっている日本酒が、日本では飲まれなくなっている理由を説明している。

 まず、一つ目の理由が、酒の種類が豊・・・・

続きを読む