スマートフォンの所有率が80%の所有率となった日本で、いまだに一定のユーザーがいるのが「ガラケー」だ。現在では「フィーチャーフォン」などとも呼ばれる、いわゆる二つ折りの携帯電話を日本ではいまだ一定数の人たちが使い続けている。実際、中国人が日本の街角でこの折り畳み式のガラケーを目にすることもあり、なぜいまだに「ガラケー」がこれほど使われているのかと感じるようだ。中国メディア百度がこの点について分析している。 ・・・・

続きを読む