日本で迎撃ミサイルシステム「イージス・アショアの配備停止」と同時に「敵基地攻撃能力の保有の可能性」が浮上したことについて、中国では警戒感が高まっているようだ。中国メディアの今日頭条は26日、「日本が敵基地攻撃能力を手にしたら、中国はどうすべきか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本の憲法は第9条で「戦力の不保持」や「交戦権の否認」を定めているとしながらも、日本政府は今、国家安全保・・・・

続きを読む