中国のポータルサイト・百度に24日、日本のアニメ産業の発展は「米軍による日本占領があったからだ」とする記事が掲載された。

 記事は、1937年に日中戦争が始まって以降、日本のアニメは戦意高揚の手段として用いられ、軍からの支援を得ながらさまざまな作品が作られたものの、内容的にも技術的にも進歩が見られず、ディズニーをはじめとする米国産アニメに比べるとその質に大きな差が生じたと伝えた。 <・・・・

続きを読む