日本と中国はどちらもアジアの国であり、日本人も中国人も同じ人種であるため身体能力に大きな差はないはずだ。それにもかかわらず、日本と中国のサッカーのレベルに大きな差があるのはなぜだろうか。中国メディアの百家号は22日、日本と韓国はサッカーのレベルを急激に向上させることに成功したというのに、なぜ中国は「アジアでも三流国に落ちぶれたのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国サッカー代表は強くなるどころか、「どんどん弱くなっている」と指摘し、その理由は「非常に簡単である」と強調、それは「サッカーをする人が少なすぎるからだ」と指摘した。

 続けて、中国にはサッカーの天才が「数多く存在するはず」だとしながらも、様々な理由でサッカーに取り組むことができない社会なのだと指摘。日本の小学校では学校の校庭で休み時間や放課後などの時間に「自由」にサッカーに取り組むことができるが、中国の子どもたちは勉強に追われてサッカーなどプレーする時間はないと指摘したほか、子どもがプロのサッカー選手になるには、その子どもの家庭に十分な資金がなければならないと強調。お金がなく、サッカーチームに所属できなければ、たとえサッカーの才能にあふれた子どもであってもプロのサッカー選手になるというのはただの夢で終わってしまうのだと論じた。

 現代の中国ではこうした状況が深刻化しているゆえに、若いサッカー選手はとても「稀少」な存在なのだと指摘した。一方、日本と韓国には子どもたちが持っている才能を「極めて効率的」に伸ばすサッカー環境が存在しており、特に日本の学校のサッカークラブは非常に素晴らしいと絶賛。つまり、青少年サッカー選手の育成をどれだけ大切にしているかが、日本と中国のサッカーにおける実力差につながっているのだと指摘した。

 ずば抜けた才能を持つか、裕福な家庭の子どもでない限り、中国ではサッカーで生計を立てるのは非常に難しい状況にあるのに対して、記事が指摘したように日本には家庭の経済力にかかわらず、子どもたちがサッカーを楽しみ、その才能を伸ばす優れた環境が存在する。この点で日本の学校のクラブ活動は確かに大きな役割を果たしていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)