中国は高速鉄道の分野で日本をライバル視し、何かにつけて比較しようとしているようだ。中国メディアの百家号はこのほど、新幹線はなぜ中国高速鉄道ほど速くないのかと題する記事を掲載した。

 日本で最も速い新幹線は、東北新幹線の「はやぶさ」、「こまち」で、一部区間で時速320キロを記録している。しかし、中国では時速350キロで運行している路線があり、運営速度で日本は中国には及ばない。記事は、「世界に先駆けて高速鉄道を導入した国なのになぜ遅いのか」と疑問を呈している。

 その理由として記事は、「地理的な理由」にあると指摘。日本は平野が少なく、人口分布がどうしても偏りがちになり、「新幹線で速度を出すには不利だ」という。東海道新幹線を例にとると、富士山を迂回して乗客の利便性を考えながら駅を作ると、どうしても直線で建設することはできないとしている。

 また、「駅が多い」問題もあるとした。総距離に対して駅数が多いと、駅と駅との間隔が狭くなるので「速度が出ない」と分析している。さらに、日本の新幹線は私有化で複雑化しており、中国のように国営企業が一括して請け負うのと違って簡単に計画が進まないとも指摘。中国では線路の建設にあたって土地の選定も取り壊しもスムーズで、まっすぐな線路を作りやすいという。しかも中国市場は巨大で、一人当たりのコストも小さく、建設経験も豊富で日本よりも有利であると比較している。

 日本の新幹線は、中国に比べれば不利な点が多いことが分かる。しかし、それだけ不利な中でこれだけ多くの路線が作られ事故も少ないことを考えると、かなり優秀だともいえるのではないだろうか。中国が一方的に速度で「張り合おうとしている」だけとも言えるだろう。最高速度では中国に及ばずとも日本の新幹線が優秀であることに変わりはない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)