日本では街中などの公共の場所で「ケンカ」を目にすることはほとんどない。中国では「行列への割り込み」や「空いている座席」をめぐる争いなど、些細なことで言い争いが起きることは決して珍しいことではない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、抗日ドラマに登場する日本人兵は口癖のように「馬鹿野郎」と口にするが、実際の日本人は「すみません」という言葉を口癖としているようだと伝えつつ、「日本人が全くケンカをしない理由」について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本に長年住んでいる中国人ですら「日本人同士のケンカを目撃したことのある人は少数派」であり、ほとんどの人がケンカを見たことがないはずだと伝え、日本人は公共の場所では「常に小声で話をして、自発的に列に並ぶ」など、ルールを自発的に守ろうとすると指摘。そして、これは東京のように人が大勢いる大都市であろうと、地方の農村であろうと変わらないことだと強調した。

 続けて、日本人がこのように「民度の高い」行動を自発的に取ることができるのは一体なぜなのかと疑問を投げかけつつ、それは「日本に恥の文化があるから」ではないかと指摘し、「ルールを守れないことは恥ずかしいこと」だからこそ、日本人は何をするにもルールを大切にするのではないかと主張した。

 さらに記事は、日本人は「他人の目」や「世間体」を非常に気にする国民性であることを指摘し、「誰かに見られている」という可能性が「恥ずかしい」行動を抑制していると主張。したがって、日本人が公共の場所でケンカをせず、行列にも割り込まないのは「民度が高いから」ではなく、他人の目を気にしているからではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)