日本では街中などの公共の場所で「ケンカ」を目にすることはほとんどない。中国では「行列への割り込み」や「空いている座席」をめぐる争いなど、些細なことで言い争いが起きることは決して珍しいことではない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、抗日ドラマに登場する日本人兵は口癖のように「馬鹿野郎」と口にするが、実際の日本人は「すみません」という言葉を口癖としているようだと伝えつつ、「日本人が全くケ・・・・

続きを読む