非常事態宣言が解除されたとはいえ、観光地はまだ人が少なく、少し前まで中国人など海外からの旅行者でにぎわっていたのが信じられないほどだ。日本は中国人に一番人気の海外旅行先となっており、コロナ後に行きたい海外旅行先の筆頭にも挙げられている。また近年はリピーターも多く、「日本は一度行くとまた行きたくなる国」とまで言われてきた。中国メディアの網易は17日、「どうしても再訪したくなる日本の魅力」について考察する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人にとって日本は旅行先として特別な国だと紹介。日本に対してどんな先入観のある人でも、一度行くと好印象を抱く不思議な魅力があるとしている。ネットで何でも情報が手に入る時代になったとはいえ、「やはり自分の目で見てみるのが一番だ」と感じているそうだ。

 ではなぜ、日本は一度訪れると再訪したくなるのだろうか。記事は、「日本でしか体験できないことがある」と紹介し、いくつかの理由を分析している。まずは、世界に認められている「日本式のサービス」だ。親切なサービスがすみずみにまで行き届いているので、旅行者は気持ち良く旅行を楽しめるという。それに、日本人は全般的に礼儀正しく、社会も秩序正しく、どこも清潔であることに感激するとしている。

 また、「食文化や習慣が中国に近い」ことも関係していると紹介。食べ物が合わないと旅行中つらいものだが、日本の食事は中国人の口に合い、習慣の多くも中国と似ているので居心地が良いとした。さらに、「ショッピング」も大きな魅力だと指摘。買いたいものがたくさんあり夢中になって買い物してしまうとした。いろいろな理由が考えられるようだが、記事は結論として、リピーターになってしまうのは「日本旅行に行ったことのある人にしか分からない」と主張。どの国にも魅力はあるものなのに、「なぜ日本ばかり」ここまで中国人から愛されているのかというのはなかなか説明がつかないとした。

 実際、多くの訪日中国人は、日本は聞いた以上に素晴らしい国だったと口にする。やはり、聞くだけではその魅力は十分に伝わらないということだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)